海洋葬の申し込みに必要な書類は

海へのあこがれが強い人の中には、亡くなった後は遺骨を海へ撒いて欲しいと願う人も数多くいます。
そのような人の願いを叶えるのが海洋葬です。
現在は全国各地にこの海洋葬を行う業者が登場しており、多くの人が海洋葬を利用しています。海洋葬を業者に申し込む際にはいくつかの書類が必要です。

まず散骨業者所定の申込書や同意書に必要事項を記入したもの。

施主の身分を証明する運転免許証などの身分証明書が必要です。



また散骨する遺骨の状況によって以下の書類も必要です。


散骨する遺骨が葬儀後にどこにも埋葬されていない状況である時は、埋葬許可証が必要です。
これは火葬が済んでいることを示す証印が押された火葬許可証で、一般的な墓地に遺骨を埋葬する際にも必要なものです。
住民用が登録されてある役所や、本籍地の役所で手続きをすれば発行されます。

一度埋葬されていた遺骨を取り出して海に散骨する場合は、改葬許可証というものが必要です。



これはまず現在遺骨が納められている墓地の管理者から納骨証明書を発行してもらい、それを役所に提出すれば発行してもらえます。



ただし地域によっては散骨にはこの改葬許可証が発行されないケースもあります。その場合は墓地管理者が発行する納骨証明書などでも問題ありません。

海洋葬を行う場合はこれらの書類が必要になります。

もちろん業者によっては提出書類が異なる場合がありますので、詳細についてはきちんと確認しておくことが必要です。