永代供養の意味と形について

お墓参りができない場合や、既にお墓参りをする人がいなくなってしまった場合に、代わりに寺院が行ってくれるものとして永代供養があります。ここでは寺院が責任をもって故人や先祖に対して供養を行い、永代にわたって管理を努めてくれます。

永代供養では、普通のお墓と違って永代供養墓といったものが利用されており、そこには、概ね3種類の形をあげることができます。
まず、1つ目としては屋外施設型があります。
お墓や塔が外から見えることが特徴となっており、形としては納骨壇型、地下に遺骨が安置できるようになっている納骨塔型、他にも前方後円型となる墳陵型などがあります。

次に屋内施設型があります。

屋内施設型は外からお墓が見えない造りになっており、例えば上段が仏壇で下段に骨壷が安置される霊廟型や、最近首都圏などでも見ることができるロッカー型の棚にお骨を安置する室内ロッカー型がこのタイプとなります。



3つ目としては、通常のお墓の形をした墓石型と呼ばれるタイプがあり、この場合には墓石の元で一定期間の供養がされた後に合祀される場合に使用されることになります。

他にも寺院によっては納骨堂を永代供養墓として利用している所もあり、また、宗派によっても造り等が定められていることも多く、それぞれに違いがあります。



納骨された人の記録としては、石板に墓誌として刻字が行われる場合、過去帳に記載がなされる場合、墓籍簿に記載がなされる場合があり、ここにおいても違いはあるものの、最近では石板によるものも多く見ることができます。

Ameba Newsサイトを今すぐ確認してみましょう。