永代供養のメリットとは。

長年一緒に暮らしてきた連れ合いの人でも、いつかは死が訪れてしまいます。それは、どれだけいい人であっても生き物である以上自然の法則となっていますが、残された人にとっては悲しみ以外の何ものでもありません。



残された人はお葬式やお通夜、初七日法要などを経て、一周忌法要くらいになるとお墓の用意を考えなくてはいけない時期になってきますが、子供がいない人にとってお墓の管理は苦難となってしまいます。


特に田舎の墓地の場合、山中に墓地があったり、交通に不便な場所にあることが珍しくありません。

娘や息子がいる人は若い人の車に乗せてもらいお参りに来られますが、子供がいない人は自力で墓参りに行くことになります。


拝みたい気持ちがあるのに苦労を強いられるという現状を打開するためにあるのが、永代供養と呼ばれる供養です。


永代供養墓は身寄りがいないお年寄りや、自分ひとりだけのお墓を求めている方、宗旨や宗派にこだわりたくないといった方の考え方にピッタリと当てはまる供養の仕方になっています。
毎年、お墓参りに行かなくても墓地管理者やお寺側がお墓の掃除、管理などを全て行ってくれますので、長い時間をかけて足を運ばなくても済みます。



また、基本的に宗旨や宗派をこだわらない場所が多いため、色々な宗教の方が利用しています。

価格面においても、墓地の権利を購入し、墓石を一から建立することを考えると永代供養墓は、はるかに安い金額で利用できますので便利です。

livedoorニュースの情報が詰まったサイトです。