海に遺骨を還す海洋葬の流れは

野山や空、果ては宇宙に至るまで散骨を希望する人は数多くいます。

自然に還りたいと願う人や、維持管理が面倒なお墓を子孫に残したくないなど理由はさまざまですが、従来のような埋葬方式ではない、新しいスタイルを望んでいる人が増えているのです。

散骨の代表的なものの一つに海洋葬があります。

これはその名が示すとおり、遺骨を海に還すスタイルです。

海は陸地とは違い、散骨が所に定めがあるわけではありませんが、海辺に暮らしている人や漁業を営んでいる人への配慮が必要なことから一定の節度を守ることが求められているため、一般的には海洋葬を取り扱っている業者に依頼して散骨をおこなうことになります。

海洋葬を行う場合、まず家族との十分な話し合いが求められます。



お墓に関する考え方は家族でも異なりますので、できれば生前のうちから話を決めておくと無難です。

Weblio辞書情報のご紹介です。

業者によっては事前相談を受け付けていますので、そちらを利用してもいいでしょう。


散骨業者に申し込みを行った後は、散骨業者が遺骨を引き取りに来ます。

遠方であれば発送が必要な場合もあります。
これは散骨前に遺骨をパウダー状にしなければいけないためです。散骨当日は船の上で散骨式などのセレモニーをおこなうことがあります。



セレモニー終了後に散骨し、港へと帰りますが、散骨業者によっては船内もしくは帰港後にレストランなどで会食を設定するところもあります。

いずれにせよサービス内容は各業者で異なりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。