近年増えつつある海洋葬

海洋葬とは樹木葬などと同じ自然葬の形の一つで、その名の通り故人の遺骨を海へと散骨するものです。

人は亡くなった後自然に還るべきという考え方の広がりや、墓石を建てないという考えの広まりで近年希望する方が増えてきています。

海洋葬を希望する方は生前海を愛した方が多く、生前からそれを希望している方が多いです。以前は法的な問題でこのような自然葬は「遺骨遺棄罪」に当たるおそれがあるとして認められておらず、著名人の中にも希望していた方がいましたがいずれも実現しませんでした。

ですが近年は法務省の「節度を持って行えば遺骨遺棄罪には当たらない」という見解の発表などで法的にも認められるようになりました。
それにつれて海洋葬を執り行う葬儀会社も増え、一般に認知されるようになり散骨を行える場所も増えてきました。

魅力的なジョルダンニュース!の情報をお知らせいたします。

その方法は遺骨を小さくするところから始まります。

海洋葬では遺骨をそのまま散骨する事は禁止されているので遺骨を2ミリ以下のサイズにまで砕く必要があるのです。
また散骨する場合も海上では風があるので遺骨が飛散しない様に水溶性の紙に包んで小分けしたものを海に投じるという形が多いようで、遺骨を全て散骨する場合と一部手元に残す場合があり、そこは遺族の希望によります。



また散骨の時に一緒にお清めという意味でお酒をまく事も出来ます。

故人が海を愛していて海洋葬を希望していたという場合はその意向に沿う形での葬送を実現するというのも供養となるでしょう。